スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋服の意味

ビジネス
07 /04 2012

こんにちは、イメージコンサルタントの城戸景子です。

急に暑くなりましたね。

え?夏?っていうほどに、日差しも強いし、湿気も十分(笑)




最近、思うのですが、

ファッションって、若い時だけですね。

好きな恰好ができるの。



そして、若い時代に好きなファッションをしていないと、

社会人になってから、バランスが悪くなるように思います。

だから学生時代は、色々な流行にトライしたらいいのではないでしょうか。

なんて物分りのいい大人のような発言をしています。



ただ、若い方が好きなファッションを選ぶ時に、

気を付けるべきは、下品にならないことです。

何が下品か下品でないかは、多少大人のアドバイスが必要になるでしょうね。


私が今のファッションで下品だと思うのは、

ショートパンツやミニスカートの下に履く黒タイツや黒トレンカ。

まるで下着のようなスリップドレス。

大きなロゴや英字がプリントされた、のし烏賊のような形のTシャツ。

なぜかメッシュの素材がかぶせてあるTシャツ。

あと男性のノースリーブ。

いろいろ描いてあるデニム。

まだまだありますけど・・・



洋服は、ただ着ればいいというのでなく、自分を表すアイコンだと知る事が大事です。

その人の洋服で、地位やクラスを計られてしまうものです。


世界的に有名なデザイナー、コシノ三姉妹の母上、小篠綾子さんの言葉は、

洋服の意味を見事に言い表しています。

「服っちゅうもんは、それに相応しい人や出来事を引き寄せてしまうんや。」



若い頃には、失敗も若さで済ませることができます。

だからやりたい服装があれば、若い間にチャレンジしてみましょう。

その代り、社会人になったら、洋服の意味を考えて、

自分が進みたい方向に適したファッションを選ぶことが大切です。




ビジネスマナーとビジネススタイルのことは、
千葉 海浜幕張のSTUDIO STELLAにご相談ください
http://www.stella.image-consulting.jp


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

城戸景子

千葉 海浜幕張のイメージコンサルタント、ビジネスマナー講師 城戸景子です。

楽しんでいって下さい.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。