スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい日本の精神

ビジネス
08 /03 2012

こんばんは
イメージコンサルタントの城戸景子です。

今日も思いっきり暑かったですね(笑)


さて昨日のブログでは、体操の内村選手の言葉をご紹介したのですが、

今日もその内村選手のお話です。

今朝の新聞で知ったのですが、

彼は金メダルをとったいくつかの種目において、自身の技の難度を下げる決断をしたそうですね。


ご承知のとおり、これまでの選手としての経歴の中で

彼は終始、『美しい体操』を自身の目標としてきました。

そのために彼がこだわったのは、参加する大会の勝敗ではなく、

あくまでも完成度の高い技へのトライだったと言います。


そんな内村選手にとって、オリンピックの舞台で、難度を下げてまで、メダルを確実にすることは

信念に反することだったことでしょう。

ではなぜ、そこを曲げたのか?

ご本人の言葉によると、「今回はメダルにこだわってもいいのかなと思った」と。。。

でもその結論に至るまでには、葛藤があったことでしょう。

実際、その決意をしたのは、個人総合の前夜だったといいます。

自分のプライドや美学をいったん置いて、周囲の期待、日本という国を背負っている自負、

そいういった諸々に思いを馳せた時、彼にその決断をさせたことだと思います。


点を取り易いかどうかにこだわった体操ではなく、

美しい体操にこだわった内村選手、これが日本の精神ですよね。


先日来、柔道の試合をよく見ているのですが、

誰が見ても「1本、技あり!」という技で美しく勝とうとしている日本選手に比べ、

小銭を稼ぐがごとく、判定勝ちを狙っている(としか思えない)外国選手に、

聞きたくなるのです。

「あなたたちは、柔道の精神も学んだのか?」と。


勝ちが決まった瞬間に、そんな必要はまったくなかったのに、

相手に馬乗りになって、大喜びする外国人選手もいましたね。

あの映像についカッとなった日本人は私だけではないと思います。

日本の武道はすべて、相手への礼を尽くすところから始まるはず。

強ければいい、勝てたらいいのであれば、

チンピラの喧嘩と同じです。


このような環境で、それでも自分の美学を貫き通すのは大変なことです。

たとえメダルがなくても、男子柔道、しっかりと柔道の精神を世界に知らしめてくれたと思います。

(シドニー五輪で誤審で負けた篠原監督の柔道への姿勢が素晴らしいと思っているから、

その分ちょっと甘いかもしれませんが・・・笑)



こんな風に毎日、喜んだり怒ったりしながら、五輪の夏を楽しんでいます。

そうそう、今日買い物に行ったら、

「大人もはじける」らしい、エスプレッソーダなるものをみつけ、さっそく買ってみました。

001_20120803232458.jpg  甘いアイスコーヒーをソーダで割ったドリンクでした♪

アイスコーヒーはブラックがいいから、今度は甘くないものバージョンを作ってもらえると嬉しいかな。




ビジネスマナーとビジネススタイルのことは
千葉 海浜幕張のSTUDIO STELLAに
ご相談ください。
http://www.stella.image-consulting.jp




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

城戸景子

千葉 海浜幕張のイメージコンサルタント、ビジネスマナー講師 城戸景子です。

楽しんでいって下さい.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。