スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰とは!

ビジネス
11 /26 2012
こんにちは、イメージコンサルタントの城戸景子です。

週初めの月曜日、雨が降っています。

3連休は、いかがお過ごしでしたか?

私は、娘たちの塾の体験授業の付き添いや面接模試やらで、

相変わらず、楽しいことなんて、なんにもない(笑)連休でした。

それでも、数か月ぶりに、朝9時まで寝られたのが嬉しかった・・・って、

なんだかかわいそうなわたし(笑)



さて、毎日曜日のお楽しみ、サンデージャポンを見ていましたら・・・

あの女優さんの復帰記者会見をやっていました。

正直言いまして、「えーっ!復帰していいの!?」が、感想です。


だって麻薬ですよ、しかも発覚しそうになって、逃げたんですよ。

番組出演者は、テリー伊藤さん、ミッツ・マングローブさん、西川史子先生を含め、

「この世界で生きていくしかないんだもの、仕方ないよね」というコメント。

ずいぶんと優しいんです。


一方、私が感じたのと近いもやもやを言ってくれたのは、八代弁護士です。

彼によると、警察官、教師、芸能人のこの3つの職業の人に限って、

普通なら報道されないような、軽微な犯罪でも報道されるのですって。

それは、そのモラルが社会的な影響を与える職業だからだそうです。


そんな彼女だから、復帰するよりも、

当初言っていたように、介護の仕事について、

残りの人生は、人のために尽くして生きていくべきでは?と思うのですが。。。

間違っても、自分がスポットライトを浴びることを考えてはダメでしょう。


どこの会社が、麻薬事件を犯した犯人を執行猶予が切れたからと言って、

再雇用してくれるでしょうか。

懐が大きすぎるぞ、芸能界。


今の世の中、ぐずぐずと文句を言いたいことが多すぎて、

昔のぼやき漫才のおじいさんみたいになってしまうのでした。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はい~、わたくしも釈然としない気持ち、というかなんだか腹立たしい気持ちでした。
罪を犯した者の再スタートの機会を奪うことを良しとするわけではありません。しかし、一般社会ならばその機会をなかなか与えられず、いわゆる法的な償いが済んでも社会的制裁はなお続くわけですよね。
いとも簡単に戻ってこられる芸能界は、だからこそ薬物の再犯率が高いのではないでしょうか。
どうせ介護もポーズだろうと思っていましたが、易々と言を翻すのは真剣に介護の現場で働いていたり勉強をしている方々に大変失礼な話です。
そうです、『責任者、出てこいっっ!!』です。

Re: タイトルなし

はこ様
コメントありがとうございます!責任者出てこい!のフォローも(笑)
いつも私が伝えるよりも、よほど整然とした文章で表現して下さることに感動します。
思いが同じということですね。

そう、確かに、記者会見でのはしゃぎぶりを見ていて、つくづく世の中って不平等だと思いました。
おっしゃるとおり、一般人であればひっそりと生きていく、あるいは職業選択の自由すら奪われるであろう状況ですよね。
介護の仕事に従事するという点で、情状酌量されたということもあるでしょうに、
「話が違う!」ですよね。

はこさんとは、ぼやきポイントが同じですよね。
学生時代にわかっていたら・・・と悔いが残ります(笑)



城戸景子

千葉 海浜幕張のイメージコンサルタント、ビジネスマナー講師 城戸景子です。

楽しんでいって下さい.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。