FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が将来を考える歳になりました

ビジネス
12 /03 2012
おはようございます。
イメージコンサルタントの城戸景子です。


ついに12月に入りました。

寒さも本格的になり、冬本番を実感しています。



長女は来年高校生なのですが、

3年前に頑張ったおかげで、受験もなく、のんびりと過ごしています。

と信じていたのですが、本人はいろいろと考えることがあるらしく、

その一つが、高校1年の秋には決定しなくてはいけない、文系・理系の選択です。


まともに向き合って相談ということはなくても、

なんとなく交わす会話から、親として言いたいことは伝えておかねばと思っています。


でも考えてみると、今の子供たちのほうが、

自分が同じ年頃の時よりも、よほどしっかりと将来を考えていることに気付かされています。


私の頃は、男子はともかくも女子は、親が思う大学の文学部にでも行って、

主に親の紹介で商社や生保・損保などに就職して結婚。

というのが、とても多かったように記憶しています。

私自身、それに近い線で生きてきました(笑)

ですから、自分が本当にやりたいという仕事ができたのは、

結婚して、子供がある程度大きくなってからです。



一方、現代では、

”まずは何の仕事をしたいか”が先にありきで、学部を選び、その学部がある大学を選ぶ

というのが、王道だとか。


素晴らしいことだと思います。

もちろん正論だけでは難しいこともあるのでしょうけれど、

このような考え方で、行きたい大学を決めるのが本当ですよね。

ただ、そうやって社会に出る学生たちが全員、やりたい仕事に就けるわけではないのが現状でもあり・・・


それでも、学生たちにとって、これから目の前に広がる未来に希望を持って、

そのために努力することは、生きる意味につながる大事なことだと思います。



娘も、将来やりたい事があり、その実現に向けての勉強ができる学部を探しているそうです。

社会に出れば、そうそう簡単にはいかない厳しさも味わうのでしょうが、

それも又、勉強。

未来の可能性を信じている姿を眩しく思う、46歳の母なのでした。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あぁ、なんと月日の経つのが早いこと!!
ついこの間中学受験に向けて頑張っておられたのに、もう将来の進路決定の時期なのですか!?
でもお嬢さん、さすがにけいこさんのお子さんでしっかりされてますよね。
やりたいことがある、というのは幸せなことのようです。教師をしている夫や友人が口を揃えて言うのは、「“やりたいこと”のない子どもが多い」ということです。ましてや、公立中学に進み、目の前の高校受験に必死の子どもに「将来の進路を見据えて高校のコースも選択しろ」などと言われても・・・
お嬢さんは、3年前に頑張られた分、じっくり考える時間を今持つことが許されているのですね。色々悩んで、でも困った時には頼もしい母がお嬢さんの側にはいます(笑)
素晴らしい未来にカンパイ、ですね(^0^)

Re: タイトルなし

はこ様

いつもコメントありがとうございます♪
はい、本当です。年々、時間の経過が加速しているように思うくらいです。
はこ様のお嬢様も大きくなられましたよね。
夏休みの宿題の話題だったのが、今や立派に塾通い(ですよね?)

娘は最近、やりたい事が決して夢で終わるのではなく、
具体的に何をすれば、それに近づくのかを考えればいいのだと気づいたようです。
そう考えると、はこさんは、やりたいこと好きなことに早い間に出会え、
きちんと形にして継続されているのですね。今さらですが、さすがだと思います。

若いということは、いいものですね。
こちらが歳をとるはずです(笑)

城戸景子

千葉 海浜幕張のイメージコンサルタント、ビジネスマナー講師 城戸景子です。

楽しんでいって下さい.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。